シアバターは一種の経済支援となっている。その理由とは?

今回のテーマは「経済支援」について。

シアバターの話から、何やら大層なお話になってしまいますが、そんな難しい話ではありません。 こちらも知らなくても問題はありませんが、やはり知識として持っておいた方が何かと気持ちに変化をもたらしてくれるかと。
ということで、以下よりシアバターと経済支援について触れていきたいと思います。

■シアバターはガーナの女性を救う

シアの木は主にアフリカ大陸の中部に生息しています。
特にガーナに密集しており、シアバターは、このガーナの女性たちが拾ってくれているのです。
つまり、ガーナではシアの実を拾うという仕事が多くなり、雇用問題を解決しています。

実はガーナの貧困問題を始め、雇用問題など生活水準が先進国と比べると低いです。 そんな中、このシアバターの存在のお陰で、この問題を一部分ではありますが、解消しつつあります。 ちなみに、見出しにはガーナと記載していますが、実際にはナイジェリアなども同様の状況となっており、シアバターで激的な変化を生んでいるのです。

■輸出大国として地位を固める

ガーナの最終目標は当然「輸出大国」になること。0 それ故に、乱獲が心配されますが、このあたりを上手くコントロールして国としての発展を遂げようとしている最中です。

つまり、シアバターというアイテムは「ただのケア用品ではなく、国を救うアイテム」なのです。
利用する側にとっては、ある意味で経済支援に貢献していると言い換えることができるのかもしれませんね。